夕焼け空を飛ぶ飛行機

航空チケットをお得に購入する方法

以前は飛行機を利用して移動するのは支払いが高くつくものでしたが、今や結構安く航空券も手に入るようになりました。
とはいえ、「航空チケットをください」と普通に航空会社や旅行代理店に行って買ったのではお安いチケットを入手することはできません。
同じ便、同じ飛行機に乗る場合でも、購入方法を変えるだけでお得に飛行機に乗れるのですから利用しない手はありませんよね。

早期割引サービスの利用

ではその方法とは一体どんなものかというと、まずひとつ目が航空会社の早期購入割引を利用することです。
ANAやJALなどの大手航空会社では、搭乗日の数か月から数日前に航空券を購入することで大幅な割引が受けられるサービスを提供しています。
会社によって「早割」や「特割」などと名称は異なりますが、基本的に早ければ早いほど割引率が高く、中には最大で普通運賃の80パーセント以上という大幅割引をしているケースもあります。
代理店や航空会社以外でもインターネットを利用する事で購入することができ、その際は航空券 格安。と言ったキーワードを入れる事で簡単に探すことができます。
こういった格安な割引チケットでも、機内や利用の際のサービスは普通運賃で搭乗する人と変わらない一般的なサービスを受けられます。
ただ便の変更ができない、キャンセル代が割高であるといったデメリットもある点に注意して利用することが大切です。
この様に早期割引を上手く活用することも飛行機代を安く抑えるための第一歩です。

チケットショップで購入

次に、街のチケットショップなどで格安航空券を探す方法です。
こういったところは商品券やプリペイドカードなどばかりを扱っていると思っている人も少なくありませんが、近年は格安航空券を主流に取り扱うお店も増えているほどです。
タイミングや路線によっては普通運賃の半額以下で販売していることもあります。
ただし、必ずしも自分の欲しい路線や出発期限のチケットがないケースや通常運賃と比べてさほど安くなっていないこともあり得る点も認識しておく必要があります。

旅行会社でも安く購入できる場合も

旅行代理店
急に出張や旅行の予定が決まることもあるでしょうが、前述した方法ではあらかじめ事前に予定が決まっている場合にしか利用できません。
航空会社によっては一週間前や2、3日前でも割引サービスを行なっていることもありますが、それはあくまでも座席が空いている場合のみです。
したがって直前の予約であれば、旅行会社にあたってみるという方法がおススメできます。
旅行会社は航空会社からあらかじめある程度の航空券を押さえておきそれをお客に売っていますが、直前に残っていれば格安で手に入れることが可能となるのです。
また泊まるところも必要であれば、宿泊施設と航空券をセットにしたプランも選択肢にするといいでしょう。
宿泊と航空券を別々に購入するよりもセットで手配したほうがこれらの支払合計がはるかに安くなるプランもたくさんあります。
安く飛行機に乗るというと格安航空会社(LCC)を思い浮かべがちですが、他にもさまざまな方法があることを知っておくといいですよ。

更新情報